インタビュー

interview

自分が就職活動で悩んだ分
自分にしかできないサポートができる

大倉イメージ 大倉イメージ

関西支店 営業部

大倉 裕司

大学卒業後、某メーカーにて訪問販売の仕事を経験しました。
当時は新卒入社だったこともあり、自分に合っている仕事や業界などを意識もせず、給与待遇のみを重視して入社を決めました。 ノルマを達成することで希望通りの対価を得ることはできましたが、目標を追うだけのルーティンの毎日の中、社会における存在意義について自問自答し、離職をしました。

当時の私がそうであったように「自分に合う仕事がわからない」「将来の夢を叶える為にはどうしたらいいのか分からない」と不安を抱えたまま就職活動をしている人達は世の中に沢山います。 そんな方々の天職に就く為のサポートがしたいと望み、2013年7月にスクエアプランニング株式会社に入社をしました。

入社後しばらくの間は、本社のある名古屋を拠点に活動をしました。
1,000名を越える転職希望者の就職に携わる機会があり、多くの方のステージアップとなる就職の支援ができました。 特に入社後の離職率が低くない“飲食業界”や“給食産業”、そして雇用そのものに対して未だ大きな隔たりを感じる“障害者採用”においては、応募者個人の働き方や適性と企業の求めているものをマッチングさせることが非常に重要であり、この点において幅広い知見や交渉力があると自負しています。 名古屋での実績やノウハウをもとに、2016年8月に関西支店を設立しました。
関西圏でも転職活動に悩んでいる方々に対して、多くのサポートができればと思っています。

私の仕事 ~MY JOB~

私は多くの転職希望者と携わる機会があります。この仕事において必要なのは“信頼関係”。
転職希望者はそれぞれ不安や悩みを抱えています。初対面でどこまで心を開いて話して頂けるかは私次第だと思っています。
話しやすい環境を作り、その人がどういった人生を歩んできたのかじっくり聞き、否定しないよう心がけています。

“何を重要視して転職を決めようとしているのか”“何を諦めたくないと思っているのか”
転職希望者の話を聞きながら私も一緒に考えていきます。 そこには正解も不正解もありません。人それぞれ重視しているポイントが違っていて当然。それを尊重することなく否定する就職支援者が世の中多いと私は思います。 通勤のしやすさ、子供の送り迎えがしやすい環境、賃金。
皆さんが転職で叶えたい事を是非私に預けてください。 関西支店でお会いできるのを楽しみに待っています。

大倉イメージ 大倉イメージ
大倉イメージ

私は採用担当者とも接点が多い立場です。採用担当者が求めているものは、意外にも“能力”や“経験”だけではありません。
採用担当者も実は気付いてない事がありますが、話をよく聞いていると、定着しない職場の多くは“能力のミスマッチ”よりも“職場環境のミスマッチ”だったりします。

以前20代女性を求めて採用計画をしている求人がありました。 前任者も前々任者も離職したきっかけになっていたのが人間関係。
50代の女性社員とうまくいかなかったようです。その事実から目をそらし、能力不足がゆえに職場に馴染めなかった、と現場は考えていました。
社外の人間である私に、採用担当者は恥ずかしそうに社内の様々な問題点や改善点を話してくれました。
そのおかげもあり私は提案をする機会を頂き、その職場に定着する方の斡旋をすることができました。
結果的に私が推薦をしたのは50代の男性。長らく定着し、今でも活躍していると聞いています。 マッチングに必要なのは、採用企業の求めている人を探すのではなく、企業の問題点を解決できる人材に気付き、提案することにあると思います。その為には採用担当者から多くの情報を集め、問題点も共有せねばなりません。

転職希望者、採用担当者ともに皆様から本音の部分をお話して頂けるかどうかの鍵は“信頼関係”。
“信頼関係”が一人でも多くの皆様とできるよう日々この仕事と向き合っています。