社員紹介

interview

お客様と一緒に考えるアイデアづくりが
仕事の楽しみと新しい発見。

加藤イメージ 加藤イメージ

株式会社Formosa

加藤 喬士

2015年、スクエアプランニングに入社。入社後、IT事業部の立上げに参加しました。
大学では土木工学を学び、卒業後 プラント設備・工事会社に就職しました。3年間在籍しましたが、もっと自分が成長できる仕事に就きたいと思い、IT分野への転職を決意しました。
プログラミングの知識は全くありませんでしたが、転職後は様々なプロジェクトに参加させていただきながら独学でプログラミングを学びながら業務をこなし、C言語、C++言語のプログラム開発をメインに行ってきました。 IT分野で仕事をする中で、日に日にウェブの可能性を強く感じるようになり、ウェブサイト制作やマーケティングにも興味を持つようになっていきました。
スクエアプランニングに入社後はウェブ制作を中心として業務をスタートしました。現在はまだ少数体制ですが、今後はデザインからコーディング、管理まで手厚くお客様をサポートできる体制を整えていきます。

お客様が描いているイメージを表現し、求めている予想を超えていきたい。

ウェブ制作を進める上で大事なことは、秀逸なデザイン、使いやすさ、頭に残るアイデアなどはもちろんですが、一番大事なことはお客様がイメージしているものをカタチにすることだと思っています。
それぞれゴールは違うので、自分が良いと思ってとことんこだわったことでも、お客様にとってはあまり価値の無いものだったりもします。
つまりお客様が何を目的にウェブサイトを作るのか。どこにこだわりたいのかをしっかりと把握し制作することを心がけています。 そのため、制作前の企画の段階でお客様と一緒にアイデアを考え、作り上げていきます。完成後にはすっかりお客様と仲良くなっていて、打ち上げに行くことも多いです。
おかげさまで私たちの仕事のほとんどは、お客様のご紹介でお仕事をいただくことが多く、人と人とのつながりが何より大事であることを認識させられます。 今後も皆様と一緒にとことん考え、これ以外に良いアイデアは無いというくらい考えぬいたウェブサイトを作り続けたいと思っています。

加藤イメージ